調査研究

「健康食品の国内の制度」に関する調査研究

 近年、多種多様な「健康食品」が登場し、新たな市場を形成してきています。
 日本では、法律上、健康食品の定義がなく、国が機能性表示を認めているのは、保健機能食品(特定保健用食品、機能性表示食品、栄養機能食品)になります。様々な表示があり、取組みがなされていますが、消費者に十分理解されているとは言えない状況があります。
 このような状況を踏まえ、当協会では、機能性表示、安全性確保及び消費者保護等に対する、今後の制度の見直し議論の参考に資するため、国内の健康食品制度に関する調査を行うことといたしました。

「健康食品との上手なつきあい方」パンフレット

 機能性表示食品の創設後、表示制度が複雑化していること、消費者保護のためにも健康食品の適正な知識の普及・啓発が必要であるとの観点より、2016年に健康食品を使用する際に配慮すべき事柄をQ&Aの形でまとめた消費者啓発用冊子「知っておきたい健康食品の基礎知識・Q&A」を発刊しました。このたび内容を刷新し、健康食品についての基礎的な知識を提供するとともに、健康食品を使用する際に気を付けるべき事柄をまとめた「健康食品との上手なつきあい方」を作成中です。完成しましたら当ページにてお知らせいたします。

ページ先頭へ