健康食品トピックス

  • 景表法違反 措置命令と課徴金同時に  酷い虚偽痩身表示 (2018.6.18)

     健康食品などについて合理的根拠なく著しい痩身効果を得られるかのように表示していたのは景品表示法違反にあたるとして、消費者庁は15日、大阪市北区の通販会社に対し、再発防止を求める措置命令と課徴金納付命令を同時に下し、発表した。違反行為として優良誤認の他に価格表示に関する有利誤認をそれぞれ認定。課徴金額は計2229万円に上る。処分された企業は虚偽表示を行いながら短期間のうちに大きく売り上げていた。

  • 改正食品衛生法が公布  健食関連の施行は今後2年以内 (2018.6.18)

     7日に成立した改正食品衛生法が13日に公布された。厚生労働省は今後、必要な政省令を定めるための検討作業などを本格化させる。

  • 健康食品〝品質〟巡る商品テスト  国セン、徳島で実施へ (2018.6.18)

     国民生活センターはこのほど、「消費者行政新未来創造プロジェクト」の一環として、「錠剤・カプセル状の健康食品の品質等に関する実態調査」を今年度に実施する考えを明らかにした。消費者庁が「消費者行政新未来創造オフィス」を設置している徳島で行う。

  • 景表法17年度調査件数653件  調査の端緒大半が「情報提供」 (2018.6.18)

     消費者庁による2017年度の景品表示法違反被疑事件の調査件数が、前年度からの繰り越し228件、新規425件を合わせて653件に上った。新規のうち323件が外部からの提供情報に基づき調査したもの。情報提供件数は1万1053件と1万件を超え、うち6割超の702件が食品表示に関するものだった。

記事提供:

ページ先頭へ