健康食品トピックス

  • 措置命令が波紋 対象外企業まで影響  報道受けて相次ぐ返品・返金要求 消費者が誤解 (2017.11.13)

     機能性表示食品の一部販売会社に対する措置命令の影響が、処分を受けていない企業にまで広がっている。消費者庁の発表を伝えたテレビなどの報道を受け、消費者から返品・返金を求められたり、苦情や問い合わせが寄せられたりした。業界内でも、今後の取り扱いを検討する考えを示した販売会社が出ている。

  • 直販など順調、売上139億円  ユーグレナ、17年9月期 (2017.11.13)

     ユーグレナの2017年9月期の業績は、売上高が対前年比25.1%増の138億8700万円、営業利益は同37%増の9億5000万円となった。直販カテゴリーにおけるスキンケア化粧品ブランドや食品の大幅な売上伸張や、OEM・原料・海外カテゴリーでの供給先の売上拡大などが寄与した。同社が10日発表した。

  • 岐阜県 柿など機能性表示目指す  大学内に食品科学研究所 19年度に開所 (2017.11.13)

     岐阜県が機能性表示食品の届出に向けた研究開発の強化に乗り出している。この一環として、國立岐阜大学の敷地内に「岐阜県食品科学研究所(仮称)」を建設する。10月30日に起工式を行った。完成・開所は2019年度で、公立大学内に県の研究所を設置するのは初のケースとなる。

  • 米医療食品会社を72億円で買収  味の素 米メディフード市場に参入 (2017.11.13)

     味の素は9日、米国の医療食品会社「キャンブルック」(Cambrooke Therapeutics, Inc.)を約6400万米ドル(約72億円)で買収し、完全子会社化したと発表した。これにより、米FDAが医薬品とダイエタリーサプリメントの中間に位置付ける「メディカルフード」に本格参入し、アミノ酸代謝異常患者に対してより充実した食を提供する。

記事提供:

ページ先頭へ