健康食品トピックス

  • ユーグレナ アピ、いすゞ自などに割当増資  バイオ燃料事業の成功に向け (2017.5.22)

     ㈱ユーグレナは19日、アピ㈱、小橋工業㈱、伊藤忠エネクス㈱など5社を割当予定先とする総額11億円の第三者割当増資を実施すると発表した。

  • 機能性食品開発研 新工場が竣工   生産力3倍に (2017.5.22)

     植物発酵エキスを原料・OEM供給する㈱機能性食品開発研究所は、3番目の工場となる吉備高原工場を竣工した。総工費は9億6000万円。同工場にエキス製造設備を集約させ、ワンストップ生産を行う考え。生産量は従来の3倍に高まり、同社では需要増加へ対応するとともに新顧客獲得を図る。

  • 効能表現の「読み替え」に意欲  日本OTC医薬品協会 (2017.5.22)

     日本OTC医薬品協会の杉本雅史会長は、22日に都内で記者会見を開き、2017年度の重点活動項目を明らかにした。項目の上から2番目に「OTC医薬品の製造販売承認基準の改正・新規制定への支援」を盛り込み、今年基準改正が行われたビタミン含有保健剤に続く、効能・効果表現の「読み替え」に意欲を示した。今年度は、ビタミン主薬製剤の承認基準改正のほか、外用消炎鎮痛剤に関する承認基準の新規制定の検討に、「厚生労働省とともに本格的に取り組む予定」(杉本会長)だとしている。

  • トクホ、関与成分の不足また 買上調査で2品発覚 (2017.5.18)

     大正製薬㈱など2社が販売していた特定保健用食品(トクホ)2品目の関与成分量が表示値を下回っていたと消費者庁が17日、発表した。同庁が行ったトクホ買上調査の結果明らかになったもので、2社は同日から対象製造ロットの自主回収を始めた。同庁は、「品質管理の初歩的なところが原因」との認識を示しているものの、現時点では許可取消し処分は行わない考え。

記事提供:

ページ先頭へ