健康食品セミナー

2017年11月29日(水) セミナー 終了

【第39回】 脳腸相関 ~食品・栄養からのアプローチを考える~

内容

「脳腸相関」という言葉をご存知でしょうか。
文字通り、「脳(中枢神経)と腸(消化管)がお互いに関連し、密接に影響を及ぼし合うこと」をいいます。例えば、「腹痛」の原因も様々で、腸管の炎症などで起こる場合とストレスを感じて起こる場合とがあります。また近年では、ストレスにより腸内細菌叢が変化することや腸内細菌によるストレス反応へのメカニズムも明らかになってきており、腸の状態が脳機能や自律神経系にも影響を及ぼすことに注目が集まっています。
ストレス社会と言われる現代で、健康的な生活を送るためにも、「脳腸相関」を考慮することは重要であると考えられます。
本セミナーでは、この「脳腸相関」に着目し、私達の体の中で脳と腸がどのような神経伝達を行っているのか、さらに、食品・栄養や腸内細菌分野からの介入の可能性について考えたいと思います。
「脳腸相関」について興味のある方はもちろん、これから益々研究が進み、様々なことが解明されていく分野ですので、食品学や栄養学に関わる研究・開発部門の方には大変有意義なセミナーになること間違いなしです!
皆様のご参加をお待ち申し上げます。


 主催 : 特定非営利活動法人 健康食品フォーラム
 協賛 : 一般財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会
 後援 : 「日本を健康にする!」 研究会

講師

【講演】
1.福土 審氏 (東北大学大学院医学系研究科 行動医学 教授/東北大学病院心療内科 科長
 「ストレスと脳腸相関

2.功刀 浩氏 (国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 疾病研究第三部 部長) 
 「心の病と栄養 ~腸-脳相関を踏まえて~

  座長/矢澤 一良氏 
  (早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構 規範科学総合研究所ヘルスフード科学部門 研究院教授)

概要

開催日 2017年11月29日(水)
時間 受付 12:30 / 開始 13:00 / 終了 16:50
定員 50人
受講料 会員 3,000円(税込)  一般 5,000円(税込)
会場名 社福協3F会議室
会場住所 東京都港区西新橋1-5-11 第11東洋海事ビル3F
交通案内 JR「新橋駅」下車、徒歩約7分
都営地下鉄三田線「内幸町駅」下車、徒歩約2分
地下鉄銀座線「虎ノ門駅」下車、徒歩約5分
  • 本セミナーは受付を終了しました。

ページ先頭へ