健康食品フォーラム

2017年11月01日(水) フォーラム 募集中

【第41回】 アジアにおける機能性表示 ~日本の機能性表示食品の今後~

  • ※本フォーラムは社福協・健康食品研究啓発事業会員様のみご参加いただけます。

内容

アジアの健康食品市場は、日本や中国、韓国を中心に世界的にみても成長性が高く、特に東南アジア各国では、セルフメディケーション意識が向上していることから、ここ数年、急激に拡大しています。
またASEAN加盟国は、2015年にASEAN経済共同体(AEC)の発足を公式に宣言するとともに、新しい食品安全政策も採択しており、今後アジア市場が益々変化していくことが伺えます。
日本では、機能性表示食品制度が始まって3年目を迎え、1000件を超える製品が届出受理されている状況ですが、来年度以降の制度改正や規制改革実施計画における8項目の改善など、まだまだ変化が注目されます。
そこで本フォーラムでは、アジア各国の「食品における機能性表示」をテーマとし、海外の動向を参考に、今後の日本の機能性表示食品について考える機会を設けることと致しました。
また当協会では、海外の健康食品に関する制度の調査を行ってきており、今年6月には、韓国の健康食品事情についての報告書を公表しました。その内容についても報告したいと考えております。
本フォーラムがアジア進出を考えている企業の方にはもちろん、今後世界に通用する健康食品産業を育成していくための一助となることを期待しております。多数の方のご参加をお待ち申し上げます。 

講師

【講演】
1.趙 景毅氏 (ILSI JAPAN 国際協力委員会 研究員
 「Regulation of Nutrition & Health Claims for Food and Dietary Supplements in Southeast Asia」
  邦題:「東南アジアにおける食品とサプリメントの健康栄養強調表示」
  ※同時通訳

2.佐々木 裕伊氏 (慶熙大学 韓医科大学 予防医学教室及び韓医学安全性・有効性評価研究所 研究員) 
 「韓国の健康機能食品制度」

3. 赤﨑 暢彦氏 (消費者庁 食品表示企画課長)
 「日本の機能性表示食品の現状」
 

    座長/梅田 勝氏 (東京工科大学 医療保健学部 学部長)

※ 諸事情により講師、テーマ等は変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

概要

開催日 2017年11月01日(水)
時間 受付 12:30 / 開始 13:00 / 終了 17:00
会場名 全社協・灘尾ホール
会場住所 千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル1F
交通案内 「虎ノ門駅」(地下鉄銀座線)下車徒歩約5分
「霞が関駅」(地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線)下車徒歩約7分
「国会議事堂前駅」(地下鉄丸ノ内線・千代田線)下車徒歩約5分
懇親会 なし
  • 本フォーラムは社福協・健康食品研究啓発事業会員様のみご参加いただけます。
    会員の方はログイン後にお申し込みください。

  • 新規入会の方はこちら
    (新規会員登録及び年会費お振込後、あらためてのお申込みとなります)

ページ先頭へ