健康食品セミナー

2015年09月30日(水) セミナー 終了

【第32回】 アドバイザリースタッフの現状と今後の課題

内容

4月1日施行された新制度『機能性表示食品』は既に100件を超す届出があり、逐次消費者庁ホームページにて公開となってきております。
 「機能性表示食品」制度はトクホとは独立して4月1日から新たな機能性表示制度が施行され、実際の「機能性表示食品」が市場に現れるようになってきました。「機能性食品による健康維持増進」に関わるこれまでに無い新しい時代に入ったと言えます。本制度が活かされるためには、まず一般消費者の健康に対する意識を啓発し、その知識レベルを高めることが重要であるとともに、一般消費者への啓発・教育には消費者庁が進めているアドバイザリースタッフの活用が急務であると考えられます。
 そこで、今回の健康食品セミナーでは、アドバイザリースタッフの変遷と育成を見てこられた城西国際大学の太田篤胤教授より、アドバイザリースタッフの資格やその知識が十分に活かされていない現状と今後の期待についてお話をいただきます。
 また、消費者の動向をいち早くつかむことが出来、情報提供も可能な立場にある、国民生活センターの宗林さおり氏に、現在の消費者の健康食品に関わる動向を踏まえ、今後、アドバイザリースタッフがどのように活躍できると考えられるかについてお話をいただく予定です。
 アドバイザリースタッフの方はもちろん、消費者教育に関心のある企業にとって、有意義なセミナーですので、皆様方のご参加を心よりお待ち申し上げます。


 主催 : 特定非営利活動法人 健康食品フォーラム
 協賛 : 一般財団法人 医療経済研究・社会保険福祉協会
 後援 : 「日本を健康にする!」 研究会


 

講師

【講演】

1.太田 篤胤
 (城西国際大学 薬学部 医療薬学科 教授
 「アドバイザリースタッフの養成の経緯と新機能性表示制度における活動のあり方

2.宗林 さおり
 (独立行政法人 国民生活センター 理事) 
 「消費者が求めるアドバイザリースタッフの役割
 

   コーディネーター/矢澤 一良氏 
   (早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構 規範科学総合研究所 ヘルスフード科学部門 研究院教授)

概要

開催日 2015年09月30日(水)
時間 受付 12:30 / 開始 13:00 / 終了 16:45
定員 50人
受講料 会員 3,000円(税込)  一般 5,000円(税込)
会場名 社福協3F会議室
会場住所 東京都港区西新橋1-5-11 第11東洋海事ビル3F
交通案内 JR「新橋駅」下車、徒歩約7分
都営地下鉄三田線「内幸町駅」下車、徒歩約2分
地下鉄銀座線「虎ノ門駅」下車、徒歩約5分
  • 本セミナーは受付を終了しました。

ページ先頭へ